心を癒す(旅など)

2017年04月15日

福島の花見山公園

花見山歌碑先日、福島の花見山公園へ行ってきました。













花見山手前
花見山の手前の山の光景です。
花見山では桜の開花宣言があったばかりで、少しまだ早かった。













山道アベック
花見山は、阿部伊勢次郎さんが自分の山を「自分達だけで楽しむのはもったいない」と一般に開放したところだそうです。











菜の花畑
花見山への道脇の菜の花畑です。













レンギョウ
花見山への回廊にはレンギョウ等の花がきれいでした。
伊勢次郎さんは、自分の山に花を咲かしただけでなく
回りの農家さん達にも花を咲かしたようです。

福島の、昭和の花咲じいさんです。











ボケ
花見山は今回はじめてでした。
寮生活を一緒にした友人には不思議がられます。

当時、40名ばかりの寮生のほとんど参加する合同ハイキングを毎年行っていました。看護学校の女子寮生とです。
私は、こういう企画を進める立場にずっといました。
なので、3年間も寮で過ごしながら、参加しないはずのに………。
実家への帰省等と重なったりしていたのかな。

近くの阿武隈川の河川敷で、川に投げられたこともありました。
女子寮とのつきあいが多かった寮でも、寮祭の打ち上げのときだけは女人禁制で、
枕木を組んで焚きながら、みんなで闇鍋を囲みます。
納豆や冷凍食品まで闇鍋にぶつこむ者もいました。
最後には、その年の寮への貢献度が高い寮生が順番に
胴上げされながら、阿武隈川に投げ込まれます。
2番目に投げ込まれたこともありました。

いずれも良いことばかりを憶えている、遠い想い出です。
学生のときにもっと花見山を訪ねていたら、良かったな。




iturn1 at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年03月12日

夜の神戸・中華街

夜の中華街
神戸・中華街そばのホテルに泊まることになり、夜の中華街を歩いてきました。
中華街を歩いている、中国人観光客に少し違和感を感じました。









老祥記看板
いつもは大変な行列の「老祥記」も夜には少くなっていました。












豚まん
私も少し並んで、豚まんを買ってきました。
旨みが凝縮した、小さな豚まんです。









パッションフルーツケーキ
隣りの大丸百貨店では、ケーキで名前が通っているボックサンでパッションフルーツケーキを買ってきました。




iturn1 at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年03月05日

ベートーヴェンの「英雄」

izumi大阪城のすぐ側の「いずみホール」でベートーベンを聴いてきました。











いずみホール内
音楽に不案内の私でも、きれいな空気が体のなかに入ってくるように感じました。
最後の曲目「英雄」の演奏のことには、音の世界に引き込まれていました。





盛岡で知り合った知人にお招きいただきました。
知人は現在、生命保険会社の役員を終えて「いずみホール」の責任者をしておられます。

彼とは同郷でかつフィットネス仲間でした。盛岡のスタジオでいっしょに、ダンスレッスンを受けたりしました。
この方のお陰で、岩手の貴重な人脈に出会うことができました。
東日本大震災のときには、その方々が私を助けてくださいました。
私の恩人の一人です。

iturn1 at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年04月16日

盛岡の桜が開花しました

20160415栃内桜 (3)事務所の窓から覗くことができる、栃内病院の桜が本格的に開花しました。
盛岡で一番早く咲くと言われている桜です。
今日・明日辺りが見頃になりそうです。











20160415栃内桜 (5)九州・熊本では、地震でたいへんなようです。
余震が続いているようですが、更に被害が拡がらないよう、祈ることしかできません。


iturn1 at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年03月03日

京都・大原の寂光院へ行ってきました

お正月の出来事です。遅ればせながらアップロードします。
寂光院正門京都・大原の寂光院へ行ってきました。
今年は雪のない大原の里のお正月でした。















別邸 禁制御禁足の茶室・「孤雲」です。

今回はひっそりと大原を歩いてきました。
京都の某大先生が次に、大原を訪ねるときには
寂光院に強力なコネがあるので
一声かけてから訪れてください、とお話しいただいていました。

S先生に内緒で訪れました。
(大切なカードは、大事な人と来るときにとっておきたいのが本音でした)






豊臣秀吉献上豊臣秀頼寄進の雪見灯篭です。














石庭四方正面の池です。

池のまわりには小径があり、どこからみても正面に見えるそうです。
ここも一般には開放されていません。

S先生にお声かけすれば案内いただけるかもしれません。
S先生は阪神淡路大震災のときに
専門家・大学教授からなる復興支援チームを立ち上げた立派な弁護士であり、大学で教鞭もとられています。








建礼門院住居跡平清盛の娘・建礼門院徳子の御庵室跡です。

平清盛は歴史上唯一、神戸を都においた人です。
私の生家は、その都があった辺りにありました。
阪神淡路大震災で生家は全壊になってしまいました。












水











年も明けたので、
ぼちぼちとブログを更新していこうと思います。
2つのフェースブックとHPとを連携しながら
週一回程度アップロードできればいいかな、と考えております。
(かなり以前からの素材を貯めこんでいます。古い素材もアップロードしていきます)

今後ともよろしくお願いいたします。








iturn1 at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年09月09日

京都国立博物館

新館京都国立博物館へ行ってきました。














仏教美術展
仏教美術展をみてきました。














旧館 (2)
空海や最澄の直筆の書を見ました。
空海 弘法大師の字は最初、きれいには見えませんでした。
音声案内によると、単なるメモ・走り書きの書で
斜め書きになっていました。

見入っていると、だんだんと文字の美しさがわかってきました。







穴から
半日近く、博物館にいることになりました。

iturn1 at 08:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年08月31日

神戸・新開地の「雲仙」

看板神戸・新開地の「雲仙」へ、元の同僚と行ってきました。
新開地は私が生まれた街です。

一時期は歩くのも怖い商店街が並んでいた街でした。
最近はずいぶん治安が良くなったそうです。










ハモ湯引き
ハモの湯引きをいただきました。














ハモ天
ハモの天ぷらもいただきました。














バイ貝 
バイ貝だったかな。













イカ造り
イカのお造りもいただきました。

他愛もない昔話をして、友人を別れました。


iturn1 at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年08月27日

甲子園球場

試合開始久しぶりに甲子園球場で高校野球を見てきました。
(遅ればせながらのアップロードです)














突き放した
花巻東と敦賀気比の試合を見てきました。
途中で追いつきかけましたが、突き放しました。









勝ちスコアボード
なんとか勝ち抜けました。
この勢いで決勝戦まで行ってくれる、と思ったのですが、
仙台育英に負けて残念でした。











整列
高校生が晴れの舞台で、
懸命にプレーしているのを見ると
つい力が入っています。

甲子園独特の歓声のなかにいると、
どちらを応援しているのか、わからなくなる時があります。









3塁側アルプス席3塁側アルプス席花巻東高校の応援席からは
知人から「こちらにいます」とスマートフォンに連絡が届きました。

阪神・梅田(大阪)駅には「本日の切符は売り切れました」と書いてありました。
けれども無料の外野席なら、入れるかもしれないと挑戦したら
入場できました。

来年はアルプス席に挑戦します。
「こちらにいます」の知人に相談してみようかな。





iturn1 at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年08月16日

都南の花火大会&BBQ5

花火 (20)















花火 (22)









花火 (24)















花火 (25)
















花火 (26)










花火 (27)
















花火 (28)















花火 (29)









花火 (32)












花火 (33)
















花火 (34)


iturn1 at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

都南の花火大会&BBQ6

花火 (35)














花火 (37)








花火 (38)














花火 (40)














花火 (41)








花火 (43)














花火 (45)














花火 (46)








花火 (47)














花火 (48)














花火 (49)








花火 (50)














花火 (51)














花火 (53)





iturn1 at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年08月15日

都南の花火大会&BBQ4

花火 (5)
ここからは延々と花火になります。













花火 (9)








花火 (7)














花火 (8)















花火 (10)








花火 (12)














花火 (15)














花火 (16)








花火 (17)

















花火 (20)



iturn1 at 11:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

都南の花火大会&BBQ3

菊池牧場肉自然オーガニ
有機飼料を食べて、自然放牧で育った牛肉は脂は載りすぎないで
柔らかでした。














にんにく
にんにくは、生産した農家さんに焼いていただきました。















宴会風景
段々と盛り上がってきました。
















花火 (4)
花火大会の始まりです。



















花火 (3)

















花火 (1)

iturn1 at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年08月14日

都南の花火大会&BBQ2

鉄板
いよいよ鉄板焼きの開始です。















鮎スペアリブ
鮎とスペアリブは網で焼きました。















鮎 (2)
鮎は田鎖農園の知人が岩泉町で採ってきたものだそうです。

















フランク
噛むと、プリッとはじけて肉汁がジワーと出てきました。
私のこの日一番のお気に入りとなりました。















土鍋
枝豆は土鍋で豪快にゆで上げていました。















土鍋で枝豆
かなりの量の枝豆はお隣の農家さんの差入だそうです。

iturn1 at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年08月12日

都南の花火大会&BBQ

食べきれない肉
都南の田鎖農園さんでBBQをしながら
花火大会を見てきました。
山ほどのお肉を用意していただきました。













菊池牧場
有機飼料で育てた牛肉と
HPにアップロードしたらすぐに売り切れる
フランクフルトです。














豚バラ
焼肉屋さんからは豚バラ肉を提供していただきました。

















鶏
鶏肉もふんだんに用意いただきました。
















一升瓶大ワイン
一升びんより大きなワインです。

















z
田鎖農園で育てた巨大なズッキーニです。

お土産に自家製の蜂蜜もいただきました。

iturn1 at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年07月24日

信州・小布施散策

岩松寺の山門信州・小布施を散策してきました。

















岩松寺石灯籠
名称 岩松院の石灯籠です。





















蛙合戦の(池)
岩松院の、蛙合戦の池です。

「痩せガエル負けるな一茶これにあり」と、
小林一茶がここで読んだと言います。



















北斎館
今回、小布施を訪ねた、ターゲットはここでした。
小布施のまちを愛した葛飾北斎の絵を、展示している北斎館です。





















祭屋台
残念ながら、北斎館は展示品入れ替えのため、
見ることができたのは「祭屋台」だけでした。
(ここは撮影禁止にはなっていませんでした。)

















絵
北斎の天井絵です。

70歳を過ぎて『富嶽三十六景』を刊行した北斎は
「50歳の頃からは随分たくさんの絵や本を出したが、
よく考えてみると、70歳までに描いたものには、ろくな絵はない」と言ったそうです。
その言葉から、絵に向かう北斎の真摯さが伝わってきます。


















中原美術館
中原美術館にも立ち寄ってきました。



iturn1 at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年07月22日

信州・小布施

小布施駅 外国人
信州・小布施に行ってきました。
三度目の小布施です。

家族連れの外国人の観光客が、ここでも見受けられるようになりました。
















新型特急
長野電鉄から新型特急に乗って、約20分で小布施です。




















ながでんの広場1
小布施駅構内の「ながでん広場」で
新旧の電車が交差しました。
(私は「てっちゃん」ではありません。東北の鉄道路線の2/3以上に乗っていますが………)

















ぶどう畑
ぶどう畑が広がっていました。
青い実が少し、成っていました。

名産の栗の花の季節は終わったようで、栗も小さなイガを作っていました。















ぶどう袋かけ
ぶどうの袋かけも進んでいるようでした。




















すもも?
こちらは、杏か桃かな。





















お地蔵さん
さりげなくお地蔵さんが並んでいました。





iturn1 at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年07月16日

木漏れ日の田舎道

木漏れ陽の山中の路
木漏れ日の田舎道を牛飼いさんのところへ行ってきました。





















親牛?
赤身がおいしい、高級なブランドの短角牛です。






















10ケ月短角牛
昨年生まれた子牛です。
約10ケ月だそうです。親牛と、あまり大きさは変わりません。



















せせらぎ
せせらぎの脇を走る、木漏れ日の田舎道を走っていきました。
途中には、水芭蕉等が群生する湿原もあります。




















蛾 人より熊より牛より虻
田舎道の付近は人よりも熊のほうが多く
さらに牛のほうが多いようです。

それよりも多いのがアブです。
牛の体を刺しぬく、大きな嘴を持ったアブに刺されると
強烈な痛みに襲われます。腫れ上がります。

それでも1,2月に一度この田舎道を車で走るが楽しみであります。
できたらバイクで走ったり、湿原のなかを花等を探しながら歩いてみたいものです。




iturn1 at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年04月04日

清水寺

清水寺 正門昨年の秋、清水寺に行ってきました。














迎賓室清水寺創建に縁のある方の案内で、迎賓室にお招きいただきました。










抹茶
















西門
通常は入ることができない西門からの
京都市街の景色です。











お坊さん貫主さんの御子息にご案内いただきました。








中から清水寺の本堂の、通常は入れないところから見た清水の舞台です。
舞台は本当はここから仏様にお見せするために作られたのだそうです。
舞台から景色を眺めたり、下から見上げたりするため、ではないそうです。

栄西禅師の仏像をすぐ目の前で拝見させていただきました。



この後に行った、老舗のお茶屋・一力では舞妓さんが
「清水寺の迎賓室に入られたんどすか」と驚かれました。

二度と味わえない京都の旅路でした。

iturn1 at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年01月10日

大阪・梅田の「ニュー松坂」

看板大阪・梅田の「ニュー松坂」へ行ってきました。















焼く前
ステーキのランチと知人の税理士と食べてきました。














ステーキ
お手頃なステーキでした。
















拡大
知人の税理士とは十数年前に私がこの業界に転職してからの付き合いです。
同じ時期に同じ職場へ入り、机を並べて仕事をしました。
大学を卒業仕立ての彼に、PC操作等を私が教えたように記憶しています。

専門学校でも一緒に学びました。
また同じ時期に独立開業しました。

彼は大阪では一番伸び盛りの税理士の一人でもあります。
経営の理念や方針等の難しい話から、使っているPC、ソフトウエアや世間話まで
ザックバランに話してきました。
情報交換等も行いました。

こういう友人が、大阪や神戸等に何人かいるというのはとてもありがたいことです。

iturn1 at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年01月05日

京都・大原の三千院

あけましておめでとうございます。



本道
京都・大原の三千院へ初詣に行ってきました。
大原の里は静かな正月です。

大原の初詣は私の中では、恒例になりつつあります。









小雪
途中で小雪が降ってきました。













小雪 (2)
京都市内までの帰りのバスは、雪のため一時間以上かかってしまいました。
「大雪で京都付近の交通機関は大きな混乱があった」というニュースが流れていました。











何点
ナンテン?も、小雪に隠れていました。











菩薩
菩薩様?です。













灯篭 (2)
庭をゆっくり歩きながら、苔のむした灯篭など愛でるのもいいです。














地蔵 (2)
大きな庭を散策していると、
あちらこちらにお地蔵様がひっそりとたたずんでいました。
















地蔵 (1)





iturn1 at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年11月17日

長崎の鮨屋さん「山葵」2

あわびあわびの握りです。


















サバ寿司脂コク
何か面白いネタはですか、というと
サバ寿司がでてきました。

長崎は青物のサカナがおいしいそうです。















サバ寿司脂 スシメシ
サバは脂がのっていてコクがありました。
寿司飯もいけました。

サバと寿司飯は、もったいないので別にして味わいました。
















エビ頭
エビの握りの、残った頭です。
なかにはいった味噌がいけました。
















からすみ
からすみの巻寿司もいただきました。



















入口
山葵さんにはいると
狭い店内にパソコンや、生活を感じさせるものがあちらこちらに並んでいました。
店主はスナックのマスターのような恰好をしていて、
私たちが店に入ると、怪訝そうな顔つきをしていました。

すぐに出ようかな、と思いました。
けれども長崎に勤務した知人の紹介で、というと急に愛想が変わりました。
店主の恰好にも理由があるそうです(聞きましたが長くなるので省きます)。

店内等には違和感がありますが、出してくる料理は、2.3級のものではありません。
お連れした、長崎・税理士事務所の幹部の方は
「長崎にこんなお店があったなんて知らなかった」と感動していました。

「山葵」は、一見さんには入れない穴場のお店でした。

iturn1 at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年10月29日

長崎・観光通の「志乃多寿司」

志乃田
長崎・観光通の「志乃多寿司」へ行ってきました。
















エビ 鯛
カウンター席が五つだけの小さなお寿司屋さんです。


















いか白身
狭い店ですが、お客さんがひっきりなしに出入りし
注文の電話もひっきりなしです。



















アジ
六時前に店へ入りましたが、
狙っていた鰻巻、穴子巻はすでに売り切れてしまっていました。
















いくら白身巻
抜群に旨いとは言えませんが、
とてもリーズナブルでコストパーフォーマンスの高い店です。


長崎に勤務したことのある記者の方に紹介していただきました。
この他にもお薦めの店を教えていただき、

昼は目いっぱい、
実地現場で会議や、経験談を聞いて勉強して
夜の長崎のお店を楽しんできました。

長崎の街もいい街です。長崎の人の気質も気に入ってしまいました。



iturn1 at 08:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年06月09日

花巻の「林風舎」

表札花巻の「林風舎」へ行ってきました。
















建物全体
林風舎は宮澤賢治の弟・清六さんのお孫さんがオーナーです。
1階には賢治のグッズが並んでいます。

















ケーキセット
ケーキセットを頂きました。
















季節限定ケーキ
季節限定のケーキをちょうだいしました。


















ストロベリーミルクティ
ストロベリーミルクティです。

















賢治 絵
2階の喫茶コーナーはゆったりとしていて、
賢治と話しているような錯覚をおぼえたりします。















店内ソファー




iturn1 at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年01月06日

上ノ橋の「一茶寮」

看板上ノ橋の「一茶寮」へ行ってきました。

















コーヒー
コーヒーを頂いてきました。


















コーヒーセット
ゆっくりと落ち着いて、コーヒーを飲みたくなったときに
この店へ立ち寄ります。
















玄関
古い蔵を改造した喫茶のお店で、
奥まったところにあります。















店内2
懐かしい味のする
ふかしパンもお薦めです。

















店内

















店内3

iturn1 at 08:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年11月17日

大学の学生寮OB会に参加してきました

宴会場福島大学の学生寮・旭寮のOB会に参加してきました。

















一行様
一学年10名程度で三回生までの、こじんまりとした寮で、福島大学で一番小さな寮だった。
他の寮の五分の一くらいの寮生しかいなかった。
(大学を移転し、学部統合するときに廃寮となった。私が三回生のときだった)

今回は約四〇名が集まった。


















料理全体



















集合写真

たくさんの懐かしいメンバーに会った。またはじめて会う先輩の多くいた。けれどもすぐに打ち解けることができた。

この寮で3年間の生活は、今の自分の大事な部分を育んでくれた。貴重な青春の時であった。

普段の寮での生活は貧しかった。一ヶ月8800円で賄う夕食朝食は、
ご飯と、薄い味噌汁それに納豆または一品だけだった。食べ盛りの大、学生にはきつかった。

けれどもこれを補っても、じゅうぶんな心の豊かさと熱さと、
そして漠然とはしていたが、夢や希望に満ちていたように思う。


よく女子学生との交流会があった。
部屋コンと称して、新入学の女子寮生を喫茶店へ呼び出して、お見合いのようなことをよくやった。
「今年の春は50回部屋コンをした」などという猛者もいた。私もそれに近かった。

女子学生寮と、ハイキングだのクリスマスパーティーだのと言っては、遊ぶことばかりの生活だった。
この他に、普通に合コンをしたり、新入生歓迎会や寮祭があるのだから、
勉強に勤しむ寮生のほうが少なかったのかもしれない。

新入生歓迎会や寮祭、ハイキング等は、ただ遊ぶのだけではなくて、
「何のために企画をして、その行事を行うことで何を獲得しようか」
という事を真面目すぎるくらいに会議等でみんなで考えた。

数え切れない程の、大小の企画に私は携わった。

あるとき、私が行事の打ち合わせを喫茶店で行っていると
「旭寮生と待ちあわせて、部屋コンすることになった。けれども相手が来ない」
と入学したばかりの保育学生が泣きついてきたことがあった。

すぐに私は寮に電話をかけて、寮内に電話相手を探し回らせた。誰も出てこなかった。
後日、その保育学生から話を聞いた。
実はその後で相手と偶然に会い、
「旭寮生と偽って、誘いだそうとしたのだが、その相手は後ろめたくなりドタキャンした」
と打ちあけられたという。

その話を聞いて「旭寮という名前は、いい事に利用されるものなのだ」と少しほこらしい気持ちになった。

こういった信用を先輩たちが築いてきてくれた。
大学の内外での信頼を寮生は得ていた。私もその一員だったと思う。

この経験が今の自分に生きている。土台となっているのかもしれない。
この経験を生かし切る生き方、仕事を、そして社会への貢献をしていきたいものである。

私の人生には欠かせない、旭寮での三年間であった。
それを確認できたOB会であった。





iturn1 at 20:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!