2010年04月30日

「一尊逸品のおもてなし」について

「一尊逸品」というのは私が勝手につけた造語です。

かつて大分県の平松知事が一村一品運動というのを提唱していました。

けれどこれは元々は確か大分県の旧大山村での話だったと思います。
過疎化する自分たちの住む山間地をなんとか村おこししたい。
そのために一村で逸品を作ろう、これだけは誇れるというものを作ろうというものでした。
これを元に当時の平松知事が一村一品運動を提唱したそうです。

誰にも負けない、これだけは誇りを持てる、また私たちの売り物である、というものを作ることが大切だと思います。
こらは村や町、市、県だけでなく、私たち個人経営者、会社や飲食店なども同じことだと考えます。
厳しい社会や経済環境のなかで生き残っていくには、尊いそれぞれの個人や会社、市町村などが「これだけは誇れる」ものをつくることが大切だと思います。
「一尊逸品」というのは、それぞれのかけがえのない尊ぶべき個人などが「これは誇れる」というものを作る、売り物を作らなければいけない。
そういう意味合いを「一尊逸品」に込めてみました。逸品はひとつだけでなくていい、良いものを一つ又一つ作り上げていくことが大事だと思います。

これは私の経営についても言えます。市町村などの公共団体だけでなく農家や企業経営などにも共通すると言えます。
それぞれの尊ぶべき個人、組織が、これはという逸品をつくるということが肝要だと考えています。






トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔